釣行記|ジギング

2020.02.16

行ってみないと分からない

DSCN5295
年明けからこの時期恒例で玄界灘の寒ブリ狙いに通っています!
今シーズンも昨年と同様で、正月が明けても良い話はほとんど聞こえて来ない状況が続いています。酷い時は船中1本、2本。良型が何十本も釣れていた一昔前の釣果からは考えられません。
ブリそのものの数が少ないのは間違いないですが、やはりこの時期のベイトになるイカやサンマが激減しているのが一番の要因だと思います。
暖冬による高水温の影響もあるのかもしれませんが、日本海側では今期、好調にブリが上がっているエリアもあります。
84249071_2804327729687200_4416731349713420288_n
2月上旬、前日までも渋い状況が続いていたので全く期待せずに釣行しました(笑)
良い凪で潮もわるく無いのですが、開始から3時間ほどシャクリ続けて誰にも何もアタリません。深場のブリを諦め浅場でヒラマサやネリゴを狙ってボウズを避ける事にしました。ネリゴは反応が出ると素直にヒットしてきます。すぐに全員安打になり再びブリ狙いに。
83517068_2628384570606154_77262179572645888_n
しばらくしてOTさんにファーストヒット、上がってきたのは12kgを超える立派なブリでした。
DSCN5304
2流し後に私にも待望のヒット!滅多にアタリすら無いので慎重にやり取りしました。
DSCN5287
無事に取り込んだのは10kgを超える良型でした。
ヒットが少ない割に釣れると型が良いのは今季の傾向なのかもしれません。
DSCN5306
他船からの無線でボチボチ釣れている情報があり、少し沖のポイントに向かいました。
120m前後の深場で魚探の反応はほぼ無いのですが、一流しごとに誰かにアタリがありました。
DSCN5299
やっといつもの釣れ方に近づいている感じになり皆さんのテンションも上がります。

IMG_8914
Mさん、ファーストヒットで10キロオーバーをキャッチされました。
この後も10キロオーバーをもう1本追加。
IMG_8922
半日ほどで全員が複数本釣って今期一の釣果になりました。
不調が続いていたのでやっと安堵することができました。
釣りは行ってみなければ分からいとよく言われます。絶対はない、それを大いに実感する釣りになりました。

 

e_feed at 12:27 by feed

ジギングに関連する商品

【ジギング】 ルアーおすすめ商品もっと商品を見る

【ジギング】 ロッドおすすめ商品もっと商品を見る

【ジギング】 フィッシングツールおすすめ商品もっと商品を見る