イベント情報

2019.11.11

「第20回 BASS フォトショットトーナメントin白竜湖」結果発表!

top-1 top-2

top-3 top-4

 

10月27日「第20回 バスフォトトーナメントin白竜湖」を開催いたしました。29名の皆様に参加していただき減水で難しい状況のなか時間いっぱい頑張っていただきました。

hyo-a
例年この時期は気温が低い時間帯でも川筋のシャローでビッグバスが確認できたりするのですが、減水の影響で上流部の水位はほとんどなく、魚は上がってきていないようでした。一部ターンオーバーもしていて活性が低くなっているところもありましたがベイトフィッシュが回遊しているポイントにはバスもついているようでした。

hyo-b
魚の反応が良かったのは中流域で特に地形が変化しているポイントにはベイトフィッシュも多く良型のバスもついていたようです。
ライトリグでは数は良く釣れていましたが、ビッグバスはリアクションやビッグベイトなどのシルエットを大きくしたアピールのあるルアーが有効だったようです。
水位の激変でかなりのタフコンディションも予想されましたが良型もキャッチされ素晴らしい結果になりました。

hyosho-1hyosho-2
■上位者のヒットパターン

11a

■第1位 鹿田 樹 様

■サイズ:36cm ■ポイント: 下流部・釣り公園付近
■ヒットルアー:DRT タイニークラッシュ

久々の白竜湖でしたが昔の記憶を頼りに得意のビッグベイトで探っていきました。
始めは4OZクラスのルアーを投げていたのですが反応が全くなかったので2OZクラスにサイズダウンし狙うことにしました。早めな動きでは反応もなさそうだったのでスローにアクションさせていると良型をキャッチすることができました。
まさか優勝するとは思っていなかったのでビックリしましたがとても嬉しかったです。
また次回も頑張りたいと思います。

22a

■第2位 味村 篤志 様

■サイズ: 34cm ■ポイント:中流部・北側
■ヒットルアー:レイドジャパン レベルバイブブースト

練習では中流が好調でした。ライトリグでの反応が良かったのですが、数は釣れるもののサイズがなかなか上がりませんでした。巻き物で良型が反応するパターンを発見することができ、当日も練習通りの釣り方で魚ををキャッチすることができました。
念願の表彰台に立てることができとても嬉しです。次回は1位目指して頑張ります。

33a

■第3位 吾郷 俊弘 様

■サイズ:34cm ■ポイント:中流部・南側
■ヒットルアー:イッセイ スパテラ4”

前日の練習でビッグベイトや巻き物で探っていたのですが全く反応がなかったので、当日はライトリグで勝負することにしました。狙っていた中流に入ることができ、困った時にいつも助けってもらっている神頼みの「スパテラ」で良型をキャッチすることができました。途中スモールミノーの早引きにも反応が良いことに気づいたのですがいつも使い慣れているワームを信じてやり切りました。次回も表彰台目指して頑張ります。

jyunihyo

■ジャンケン大会

jan-a

zentai
■協賛メーカー

(株)一誠、(株)イマカツ、(有)エバーグリーンインターナショナル、(有)オフィスZPI、デプス、マルキュー(株)、レイドジャパン(株)、岡林釣具(株)、ボートクラフトマッキー
今大会の開催運営にあたりお手伝いいただきました皆様、協賛メーカー様にはこの場を借りてお礼を申し上げます。

e_feed at 17:41 by feed