釣行記|バス

2019.11.01

晩秋の白竜湖

 

top2 top1


IMG_5110 fb

当店主催のオカッパリ大会の下見もかねて白竜湖に釣行しました。
朝晩の冷え込みにより水温の低下でターンオーバーが始まる頃です。

IMG_5197IMG_5258

現在ダムは減水中でほぼ湖全体を歩くことができます。
上流部は水深がなくバスが上がってこれる状況ではありませんでした。
少し水深がありそうなポイントからスタートしてみることにしました。水温は18℃、予想よりも低い水温でした。

IMG_5113IMG_5251

まずは浮いている魚をチェックするため巻き物で探ってみることにしました。
トップから始めてレンジを徐々に下げてみましたが、水温がまだ低いためか全く反応してきませんでした。

IMG_5127IMG_5123

巻き物は諦めライトリグを試してみるとコバスが高反応で簡単にヒットしてきます。
スモラバをなるべく遠投し深いところまで沈め、スローにアクションしていると反応してきました。しかし、数は出てもサイズアップする感じではないのでポイントを中流へと移動してみることにしました。

IMG_5184IMG_5256

中流は水温も安定しているのか20℃近くありました。
いつもなら水深がある中流も減水によりかなり浅くなっていましたが、Iさんはその中でも少し水深がありそうなポイントに入り、レベルバイブブーストでボトムを探りヒットさせました。
グッドコンディションの54cmをキャッチ!

水温もあがり活性も高くなってきているようだったので気になるポイントをいくつか探ってみることにしました。

IMG_5164IMG_5199

私もサイズアップを狙いもう一度巻き物で探ってみることにしました。
スローな動きではコバスが反応してきそうなので、リアクション狙ってチャターベイトの早い動きで反応をみることにしました。
狙い通りにヒット!グッドコンディションの48cmをキャッチすることができました。

IMG_5204 IMG_5203

ライトリグでは数も釣れ、巻き物でビッグバスをキャッチとこの時期の渋い状況の中では上出来だったと思います。
水温の変化が激しい秋は簡単とは言えませんが、これから水温の安定してくる晩秋が一発ビッグサイズの可能性が高くなってきます。みなさんも出掛けてみてください。

e_feed at 10:45 by feed

バスに関連する商品

【バス】 ルアーおすすめ商品もっと商品を見る

【バス】 ロッドおすすめ商品もっと商品を見る

【バス】 フィッシングツールおすすめ商品もっと商品を見る