釣行記

2019.10.21

近海のライトジギング!

IMG_8119
この秋は近海でサワラ狙いのライトジギングによく行っています。
今年も例年どおり9月上旬より広島湾から岩国沖にかけてのエリアで好調に釣れ続いています。
IMG_8264
凪の休日ともなると遊漁船、プレジャーボートが集結し大船団ができます。一昔前の太刀魚釣りの光景が思い出されます。沿岸で釣れるため沖がシケている時でも出れることが多いのも魅力です。台風の多いこの季節にはありがたい釣りです。
IMG_7979
今年は80cm前後の中型のサワラが多く、このサイズが数本は釣れてくるので、小型のサゴシのみで終わる事は今のところありません。
IMG_7976
キャストしたジグを着底させた後、高速で巻くだけで十分にヒットしてきます。
あまりシャクリを入れたりしないようが、ジグを切られる事も少なくフッキングも良いと思います。
IMG_7934IMG_8095
ハマチやマダイもイワシに着いているので、狙っていなくてもヒットしてきます。
ハマチは5~6kgクラスがメインですが、時には10kgオーバーのブリまでヒットします。引きが強く楽しめますがあまり連発すると疲れます(笑)
IMG_8104
大型90cmオーバーです。メーターオーバーも釣れるのですが、この1本にたどり着くまでサゴシは何十匹も釣らないとなりません。サイズを選んで釣れたら良いのですが‥
このサイズだと引きも強く、ジグを切られるリスクも高いのでネットに入るまで気が抜けません。
IMG_8269
ジグは30g~45gのもので鉛とタングステンの両方を使い分けています。
ナマリで容易に底が取れていればよいですが、風が強く船がよく流れる日はタングステンのほうが沈下が早く釣りが楽です。
ブレイドチューンは皆さん色々なセッティングをされていますが、ジグのリアにシングル1本のみにしています。良型の魚に関してほとんどバレる事がありませんし、フックを外しやすいので安全でサゴシやハマチをリリースしやすいです。
IMG_7941
個人的にはハマチ、ブリ、サゴシは出来るだけリリースするようにしています。
キープは良型のサワラが1本あれば十分です。
サゴシは一人数十匹も釣れることもありますが、必要以上のキープはすべきではないと思います。
数年前まではプレジャーボートの方が楽しむ釣りでしたが、近郊の遊漁船でもこの釣りをされる船がどんどん増えてエントリーしやすくなったと思います。
手軽な釣りでもありますので、是非、出かけてみてください!
■タックル
・ROD 当店オリジナルRISKANT74
・REEL シマノ ツインパワーXD4000XG
・LINE PE#1.5、リーダーフロロ30lb
■遊漁船 ナカマル(廿日市港)

e_feed at 17:12 by feed

釣行記に関連する商品

【釣行記】 ルアーおすすめ商品もっと商品を見る

【釣行記】 ロッドおすすめ商品もっと商品を見る

【釣行記】 フィッシングツールおすすめ商品もっと商品を見る