釣行記|バス

2018.12.27

初冬の白竜湖

top1 top2


今回は白竜湖に行ってきました。
寒さも日ごとに増し水温の低下でバスの活性も落ちてくる頃ですが、寒さに負けず一日頑張ってきました。

1 2

3 4

ダムは減水しており上流部の水深はかなり浅くなっていました。
橋の上から見て魚は確認できなかったのですが、朝はシャローに入ってきている可能性があるので、まずは上流部からチェックしてみることにしました。

5 6

水温は17℃と思ったほど下がってはいませんでしたが、巻き物で探ってみるもののやはり反応はありませんでした。

7 8

次に中流に行ってみることにしました。
水温を計ってみると19℃あり、上流に比べると安定しているようでした。

9 10

巻き物からはじめてスピナーベイトで探っているとすぐにヒットしてきました。
岸とほぼ平行にキャストしシャローを引いていると反応してきました。
巻きはじめてすぐにヒットしてきたのでエサを捕食しにシャローに入ってきているようでした。

11 12

幸先よくグッドフィッシュをキャッチできたので、今度はサイズアップ狙いにポイント移動してみることにしました。気になるポイントをいくつかランガンしてみましたが、中流で魚は確認できたもののスピナーベイトやクランクなどの巻き物では反応がありませんでした。

IMG_0185 IMG_0184

巻物を諦めライトリグを試してみると、コバスが高反応で数は簡単に釣ることができました。
なかなかサイズアップできないので朝、反応してきた巻き物でもう一度、狙ってみることにしました。

1314

リアクション狙いでフラットサイドクランクを早巻きで誘ってみることにしました。
水温も上がり活性も高くなっていたのか?すぐにヒットしてきました!
夕マズメには連続ヒットとなり数多くの魚をキャッチすることができました。

1516

この時期は水温の変化も激しく簡単とは言えませんが、これから水温が安定してくると、一発ビッグサイズの可能性はあります。
みなさんも出掛けてみてください。

1718

※白竜湖で釣りをするには沼田川漁協の遊漁証が必要です。
道の駅「よがんす白竜」「白竜リゾート」で販売されています。(1日券700円、年券2000円)


19

e_feed at 11:42 by feed

バスに関連する商品

【バス】 ルアーおすすめ商品もっと商品を見る

【バス】 ロッドおすすめ商品もっと商品を見る

【バス】 フィッシングツールおすすめ商品もっと商品を見る