釣行記|バス

2018.06.13

アフターの白竜湖


IMG_0010


IMG_0201IMG_0071

今回は白竜湖に行ってきました。
バスは産卵を終えたばかりで活性も低く口を使いづらい時期なのですが、雨が降るとの予報で活性が上がることを期待しての釣行です。

IMG_0387IMG_0170

まずは最上流部から釣り開始!
体力回復のためエサを求めシャローに入ってくる事もあるので、タイミング次第で良型をキャッチできる可能性もあります。

IMG_0392IMG_0363

シャローではベイトの姿は見えませんが巻物からチェックしていくことにしました。一発ビッグフィッシュ狙いでジョイクロからアプーローチ。
シャローに入ってきていないのか?スピナーベイト、チャターなどいろいろ試してみましたが全く反応はありませんでした。

IMG_0176IMG_0231

次にポイントを下流へと移動してみることにしました。
アクションもスローな動きのルアーでアプローチしてみましたがやはり無反応。
IMG_0350IMG_0174

IMG_0163IMG_0172

下流部は上流より水質が悪いようで、早々に見切りをつけました。

IMG_0074IMG_0058

水温も上がりバスも活発に動き出す時間帯です。
ベイトも上流に入ってきているかもしれないので、もう一度、上流に入ってみることにしました。

IMG_0050IMG_0069

朝一はジョイクロでは反応がなかったので今度はナチュラルアクションの「ギルフラットスイマー」でアプローチしてみることにしました。するとバイトが?!

IMG_0017IMG_0040

流れに乗せスローに泳がせドリフトさせていると食ってきました。
産卵を終えたばかりで活性が低かったのか?少し動きを抑えたルアーが正解だったようです。

IMG_0042 IMG_0045

アフターの魚は体力もなくショートバイトが多くなります。フッキング後のバラシを軽減するため大きめのWフックとフッキング後ボディからフックがすぐ外れるようにマグネット仕様にしていたのも良かったかもしれません。

IMG_0380IMG_0168

最も水温の上がる夕マズメに期待していたのですがバスからの反応をなく終了となりました。まだ産卵を終えたばかりでバスの活性も低いように感じましたが、 これから梅雨本番、巻きもので楽しめるハイシーズンです。是非、みなさんも出かけてみてください!

IMG_0047

※白竜湖で釣りをするには沼田川漁協の遊漁証が必要です。
道の駅「よがんす白竜」「白竜リゾート」で販売されています。(1日券700円、年券2000円)

 

e_feed at 12:02 by feed

バスに関連する商品

【バス】 ルアーおすすめ商品もっと商品を見る

【バス】 ロッドおすすめ商品もっと商品を見る

【バス】 フィッシングツールおすすめ商品もっと商品を見る