釣行記|バス

2017.11.24

初冬の白竜湖

1

日ごとに寒さが増しバスフィッシングには厳しい季節になってきましたが
寒さに負けず白竜湖に行ってきました。

32

低水温でも水温が安定してくるとシャローのカバーなどに着いているビッグバスがキャッチできる可能性もあります。昨年のこの時期に良い思いもしているので期待は膨らみます。

4IMG_7038

白竜湖は現在、減水しており上流部は水もなく、釣りも困難なため
中流のシャローからチェックしていくことにしました。

6IMG_7119

水温を測ってみると12.4℃と前週よりも下がっている感じでしたが、まず巻物からチェックしてみることにしました。
ビッグベイトからメタルバイブなどで探ってみましたが、バイブレーションにコバスが反応してきただけで巻物はイマイチな感じでした。

IMG_71067

ビッグバスからのコンタクトが無いまま時間が過ぎていきました。
陽が高くなってくると水温も上がり、再び水温をチェックしてみると15.4℃を表示。 今度は狙い方を変えライトリグのスローな動きで様子をみてみることにしました。

IMG_714910

スローな釣りで全域をチェックするのは時間がかかってしまうので、低水温期にバスが着きそうな深場から浅場の距離が近い急斜面のポイントを探っていくことにしました。

89

ダウンショットを投げスローに探っているとアタリがありました!
ブルーギルのような小さいアタリでしたがコバスが反応してきました。
水温も上がりタイミングも良かったのか、ライトリグで連続でヒットしてきました。
数は釣れるのですが、なかなかサイズアップできないので 今度はボリュームのあるスモラバでアピールさせてみるとにしました。

1213

これが正解だったのか?45アップをキャッチすることができました。
コバスには少し大きく口にできないのか、ローテーションがうまくいきサイズアップをすることができました。
その後もスモラバには反応が良く、良型を続けてキャッチすることができました。

16IMG_7156

この時期は水温の変化も激しく簡単とは言えませんが、水温が安定してくると単発ですが巻物でビッグバスが狙える季節です。
皆さんも防寒を万全にして出かけてみてください。まだまだビッグバスを狙っていきたいと思います。

e_feed at 10:48 by feed

バスに関連する商品

【バス】 ルアーおすすめ商品もっと商品を見る

【バス】 ロッドおすすめ商品もっと商品を見る

【バス】 フィッシングツールおすすめ商品もっと商品を見る