釣行記|バス

2017.03.21

早春の琵琶湖

IMG_2461
ようやく春らしい天候の日も増えてきてバスも動き始める頃です。
水温はまだ低くバスの活性が高いとは言えませんが、タイミングが合えばビッグサイズを手にすることができる時期でもあります。


IMG_2465IMG_2476

今回は春のビッグサイズを狙って憧れのフィールド、琵琶湖に行ってきました。
今年も琵琶湖ガイドでお馴染みのボレアスの長谷川 耕司さんとボレアススタッフの小島 明久さんのお二人にバスボートでガイドしていただきました。

IMG_2487IMG_2504

一日目は長谷川さんのガイドで湖北をメインに回っていただきました。
情報では気温も上がり、ビッグバスもキャッチされているとのことだったのですが、
数日前から寒波が入り比叡山の山頂は雪で白くなっていました。水温も下がっているとのことで7℃しかありませんでした。

17270722_1882010138741981_1IMG_2511

予報では午前中は風も落ちついている感じでしたが、マリーナを出るとすでに強風で風裏になる西岸に向かいました。まずは状況をチェックするためストラクチャーをビッグベイトで探っていくことになりました。やはり水温低下で活性も低いのかチェイスすらありません。

DSCN4979IMG_2505

 

DSCN4985IMG_2545

ポイントをランガンしながらアノストレートのネコリグなどを試すも無反応でした。
風も次第に強くなり釣りをするのも困難な状況になってきました。

IMG_255717274966_1882010142075314_5

DSCN4960DSCN4988

西岸から東岸へ移動。
水温は9℃近くあり条件的にも良いので粘ってみることにしました。
アノストレート5.5”のネコリグで探っていたAさんに待望のヒット!
グッドコンディションの45アップをキャッチされました。

IMG_2521IMG_2524

3mレンジに点在するゴロタ石にコンタクトさせているとヒットしてきたとのことでした。この日、Aさんは絶好調!さらに良型をヒットさせ一日目は終了しました。

DSCN4957IMG_2536

 

 

 

17238550_1882010135408648_6IMG_2582

二日目は、“ボレアス プロスタッフの小島 明久さんに南湖をメインに案内して頂きました。前週にはロクマルが2本もキャッチされたそうで期待は膨らみます。

IMG_2607IMG_2612

前日より風も落ち着くとのことだったのですがマリーナを出ると既に風は強く、風裏になるポイントに向けボート走らせました。

IMG_2623IMG_2640

南湖はウィードの釣り方がメインになります。
ロクマルが釣れたのもモザイクジグをウィードにコンタクトさせ引っ掛けて外しての繰り返しで反応してきたそうで、その釣り方を中心にウィードのミドルレンジを探っていきました。

IMG_2744IMG_2624

しかし寒波の影響なのかスイムジグへの反応はありませんでした。
フォローのライトリグも試してみましたが沈黙のままノーバイトの時間が続きました。

IMG_2626IMG_2639

いくつかポイントをランガンしていきましたが、反応のないまま夕方を迎えいつの間にか最後のポイントになりました。水温も上昇しビッグバスも口を使ってくる時間帯です。

IMG_2742IMG_2741

スイムジグをキャストしていたAさんについにアタリが?!
ロッドの曲がりからもビッグフィッシュとすぐに分かりました。 慎重にやり取りし無事ランディング。

IMG_2655IMG_2628

春らしいグッドプロポーションの魚です。計測してみると55cm の2500g!!Aさんオメデトウございます!

IMG_2662IMG_2621

この一本で終了になりましたが、琵琶湖らしいグッドサイズを見ることができました。
小島さんには悪天候の中、頑張っていただきお陰で満足のいく一日を過ごすことができました。私は結果を出すことができませんでしたが、また次回もチャレンジしたいと思います!

今回もフラッシュポイントさんのガイドサービスでお世話になりました。
ガイドの空き状況も一目でわかる便利なサイト「GUIDE BOX」 で空き状況もご覧いただけます。ご興味のある方は是非、問い合わせてみてください。

e_feed at 17:43 by feed

バスに関連する商品

【バス】 ルアーおすすめ商品もっと商品を見る

【バス】 ロッドおすすめ商品もっと商品を見る

【バス】 フィッシングツールおすすめ商品もっと商品を見る